サッカーと英語 // Football & English

{{ show.title }}Trailer Bonus Episode {{ selectedEpisode.number }}
{{ selectedEpisode.title }}
|
{{ selectedEpisode.title }}
By {{ selectedEpisode.author }}
Broadcast by

Summary

2021年の清水エスパルスのスローガンがネット上で物議を醸している理由は?英語の翻訳問題はなぜ起きてしまうのか? // Last week, Shimizu S-Pulse announced their slogan for the 2021 season and it caused a bit of a stir on social media!

Show Notes

Shimizu S Pulse announced their new slogan for season 2021 and the reaction on social media has been fierce to say the least.

The club explained the meaning behind the slogan on their website: “no matter how big the wall is, supporters and the club will work together to break it down.”

The official definition of the word “PENETRATE” is “to go through something”, however, the word is often used as sexual innuendo. I’m sure you can guess what that means!

As such, reaction from English-speaking J.League fans on Twitter was rough, with some going as far as to say they should rip it up and start again.

Many others have questioned: how on earth did they end up here?

----

J1の清水エスパルスが発表した2021年のスローガンが、ネット上で物議を醸しています。1月15日に発表されたスローガンは “突き破る”という意味を持つ「PENETRATE」という言葉。

公式サイト上では「目の前にどれほど大きな壁があったとしても、サポーターとクラブが一体となって自力で突き破り、新たなステージへと駆け上がる」と説明されています。

しかしながら、PENETRATEという単語は、英語圏では性用語として使われることも多いことから、スローガンの変更を求める声が英語の公式ツイッター上でも上がっています。 また、英語圏からのフォロワーからの嘲笑の的となり、揶揄の声も少なくありません。 清水エスパルス側は発表したスローガンに対してどのような対応するのか注目されます。

---------

TKQさんのノート

"Saving the world from Kyoto JAPAN"

Some tweets:
https://twitter.com/deeknoe/status/1350690417143017472

https://twitter.com/gooner8848/status/1350760308575412225

https://twitter.com/_MattColeman/status/1350682456639238144

What is サッカーと英語 // Football & English?

日本語と英語でサッカーの世界情報についての話を聴いて、英語が学べるポッドキャスト // A weekly podcast in Japanese & English, discussing the world of football.